AGAが薄毛・抜け毛を招く理由

AGAの原因に応じて対策を考えよう

AGAは、生まれつきの体質や男性ホルモンの分泌量の増加などにより、抜け毛が増えたり、頭皮に炎症が起こったりする男性に特有の悩みのひとつです。AGAの原因は一つではなく、特定が難しいこともあるため、症状が深刻な場合には、美容皮膚科などの様々な髪の毛や頭皮に関する専門知識を持つ医師に頼って治療を始めることが大切です。特に、遺伝やホルモン、ストレスなど様々な原因による薄毛に対処できる内服治療は、各地のクリニックの間で普及し始めており、中高年の男性から関心が集まっています。なお、AGAの効果が出るまでには人によって大きな個人差があるため、主治医と相談をしながら余裕をもって治療のための計画を立てることが大切です。

AGAに効果的な治療法を選ぶには

AGAに効果的な治療法を選択するにあたり、血液検査や遺伝子検査など様々なタイプの検査方法が導入されているクリニックを訪れることが大切です。中でも、遺伝的な体質が抜け毛の進行に大きく関わっている場合には、治療期間が長くなる傾向があるため、じっくりと信頼のできる医師と治療の進め方について話し合う必要があります。また、従来の内服治療だけでなく、発毛メソセラピーなどの新しい方法を取り入れているクリニックの治療例についても日頃から確認をしておきましょう。その他、多くの患者のAGAの治療実績について、ホームページ上に画像付きで公開しているクリニックも増加しており、通院先を選ぶ際の参考にすることもおすすめです。