AGAの原因は男性ホルモン

男性ホルモンがヘアサイクルを乱す

AGAの主な原因は、男性ホルモンの影響です。男性ホルモンの一種であるテストステロンという物質が、5αリダクターゼという酵素と結びつきDHTという物質に変換されるのですが、このDHTがヘアサイクルを乱します。DHTは髪の毛の成長を抑制してしまい、脱毛のサイクルを早めてしまうため、髪がしっかりと育つ前に抜け落ちてしまうのです。

これが主な原因とされていますが、それ以外にも乱れた生活習慣が影響します。例えば偏った食生活や過度なストレス、飲酒や喫煙、睡眠不足や運動不足などは血行不良や栄養不足、頭皮環境を悪くすることにつながるので、薄毛や脱毛に及んでしまうことがあります。AGA治療においては、治療と並行して生活習慣の見直しを求められます。

AGAの症状と特徴は

AGAで悩むのは中高年だけではありません。若い人でも増えています。ただ薄毛や脱毛になるのはAGAだけでなく、びまん性脱毛症や円形脱毛症など他の脱毛症である可能性もあるので注意が必要です。

AGAの初期症状として、抜け毛が増える、毛が細くなっている、毛が柔らかくコシがない、地肌が目立つといったものがあげられます。またAGAの主な原因とされる男性ホルモンの影響は、生え際やつむじにある髪が受けやすいといわれています。生え際やつむじあたりから徐々に髪が薄くなっていくのも特徴です。逆にいうと、生え際やつむじでこれらの症状があらわれると、初期のAGAである可能性があります。

AGAは進行性の脱毛症であるため、放置しておいても自然に治ることはありません。AGAの初期症状を感じたら早めに対策をとるのがおすすめです。