AGAの症状の特徴

AGAの症状は個人差が大きい

AGAの症状は、頭頂部の周辺の薄毛が目立つようになったり、生え際が徐々に後退したりすることがありますが、個人差が大きいことが分かっています。また、人によっては頭皮に炎症が起こったり、フケの量が増えたりすることもあり、症状の程度に応じてケアの方法を考えることが大事です。特に、男性ホルモンの分泌量や生まれ持った体質によって、AGAが進行するスピードが異なりますが、少しでも髪の毛や頭皮を正常な状態に保つために、日頃からヘアケアを欠かさずに行うことがポイントです。最近では、AGAの原因を特定するために、多種多様な検査を行っているクリニックも増えており、より効果的に治療をしたい場合には、信頼度の高い検査の仕組みについて調べてみると良いでしょう。

症状が重い時にはすぐにクリニックで治療しよう

AGAの症状が重い場合には、頭皮が荒れたり、抜け毛が急増したりすることがあるため、早めに多くの治療例のあるクリニックを訪れることが大切です。中でも、内服薬や外用薬を使用する方法については、AGAの治療の定番となっていますが、人それぞれ効果の現れ方に違いがあり、副作用のリスクもあるため、カウンセリングの際にきちんと医師と話し合う必要があります。また、治療期間の長さについては、AGAの進行度や発毛効果に大きく左右されますが、少なくとも半年以上の通院が必要となるため、余裕を持って治療のスケジュールを考えると良いでしょう。その他、クリニックごとに対応可能な治療法の種類が異なるため、評判の良いクリニックの公式サイトや患者のレビューをもとに通院先を決めましょう。