生活習慣を整える

バランスの良い食事を心がけよう

AGAなど、薄毛を引き起こす要因となっているものの1つに体内の成分があります。そのため毎日の食事に注意することはAGA改善の第一歩と言えるでしょう。 特に髪の毛にとって脂肪分の摂りすぎはよくありません。髪の毛は体の末端部分ですから最も栄養素が行き届きにくい部分でもあります。脂肪分を多く摂取すると血管内にコレステロールが溜まったり血液自体がドロドロになったりして血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養素が行き届きにくくなります。 特に普段外食が多い人は意識して脂肪分の摂取を控えるようにし、野菜を積極的に食べるように心がけましょう。 また頭髪に良い成分ばかりを摂取すればよいと良いものでもありません。いろいろな栄養素をバランスよく摂る事が大事です。

ストレスや睡眠不足も大きな原因

薄毛になる要因は食事の他にもストレスがあります。人はストレスを感じると全身が緊張して体中の血行が悪くなります。 ストレスを多量に抱えているということは全身が常に緊張し、血行が悪くなっている状態なので髪の毛に必要な栄養が供給されず生えている途中で抜けやすくなるような弱い髪の毛しか生えてこなくなります。 現代社会でストレスなく生活を送ることはとても難しいので自分なりのストレス解消法を考え、ストレスを感じたらこまめに解消法を利用してストレスを溜め込まないようにしましょう。 また夜更かしを続けることも良くありません。睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げます。成長ホルモンが分泌されている睡眠時が最も髪の毛が生えやすいので適度な睡眠時間は確保しましょう。